くらし方
・気心の知れた仲間との暮らしは孤独感をなくし、心身の健康を持続させ痴呆症の高齢者をつくりません。
・自分の事は最後まで自分でと思う(自立)人と一緒に暮らす。
・仲間との尊敬といたわり(共生)の心を大切にした生活をします。
・バランスの取れた食事が健康を継続させます。
・個々のプライバシーを守るリビングです。
・個室は使い慣れた調度品を置いたり、好みのカーテンにすることにより、潤いある生活ができます。
・日常の生活ルールは一緒に暮らす仲間と決めます。生活は自由で豊かな暮らしを目指します。
・入浴は事故を防ぐ為、気心の知れた人2~3名で入る風呂友をつくります。
・防災を考慮した住まいづくりをしているので安心して暮らせます。
・解放型のグループリビングは、ボランティアの交流がしやすく地域から、孤立するようなこともありません。
・グループリビングの運営は、正会員と賛助会員、ボランティア会員によって支えられています。

一般生活

項目 内容
生活住宅 生活・住宅 個室の維持管理、機器の補修など。
環境・整備 野外の清掃、整備、維持など
地域生活 生活交流 学習会、サロンコンサート、ボランティア交流など。
家事契約 活動グループとの契約 夕食つくり(朝食、昼食は自由)、後片付け、オープンスペース(屋内外)の掃除。(個室の掃除は個人の依頼による)
生活充実 生きがい対策 花づくり、その他趣味の活動。今までの趣味を続けるもよし、新たな仲間とサロンを使って自由に計画するもよし。
相談 生活者の相談できる運営、各種情報の提供。
緊急対応 各種ネットワーク(医療・保険・福祉関係など社会的資源を利用)
緊急通報システム
健康保持 健康相談・バランスのとれた食事・各種内容を生活参加型で検討参加しながら進めていきます。

 

運営について

項目 内容
NPO川崎北部グループリビング・運営委員会 地域ボランティア、学識経験者、医療経験者、利用者などが参加します。
COCOせせらぎ運営委員会 NPO運営委員、ライフサポーター、調理・清掃にかかわる人、ボランティア代表などにより毎月1回ミーティングを開きます。

 

要介護生活になった場合

項目 内容
日常生活 介護保険等 家事、身体介護等ケアマネージャーと相談し、訪問看護や訪問介護を利用します。
病気
(早期発見、早期治療)
入院した場合、退院後もせせらぎで生活できます。
回復期 老健施設→生活リハビリ→『COCOせせらぎ』に帰宅します。
ショートステイ 老健施設やホームの一時入所などを利用します。
デイサービス登録制 介護予防センター及び各種施設のデイサービスを利用します。